はり・きゅう

はり治療

 治療用の”はり”は、みなさんがテレビで見たり、想像しているような、裁縫に使う”縫い針”の様なものではなく、太さ0.12mmと見た目は髪の毛程度のものです。深さはほとんどが0~2mmほどしか刺しません。

 鍼灸院にも色々あり、先生方によって治療の仕方、"はり"のうち方も様々です。

 当院では、痛みのない、浅い"はり"をメインに治療しております。ですから、小学生の方でも安心して治療を受けて頂いています。

 "はり"をしてみたいけど、「"はり"は痛い」と、お思いの方、他の鍼灸院で痛い目にあって、「二度と"はり"はしたくない」と、お思いの方は、是非ご相談下さい。


当院では、1回1回ディスポ(使い捨て)タイプの新しい清潔な"はり"を使っています。
ウイルス性肝炎・エイズなどの、感染症の心配はありません。
また、使用済みの"はり"は、すべて医療廃棄物として専門業者にて処理しています。

きゅう治療

 昔から「お灸をすえる」というと、何か悪いことをした子供の、お仕置きみたいに使われていますが、決してそうではありません。

 お灸にも、様々な種類がありますが、当院で主に使用しているものは、天然もぐさを、お米粒の半分ほどの大きさにひねったものです。

 ツボの上に、このもぐさを置き、火をつけます。もぐさは先のほうから少しづつ燃え、身体をツボから温めて刺激します。

 当院のお灸は特殊な紙を間に挟んですえるため、やけどや、あとに残る心配はありません。

お灸は、症状によって、直径約1cmの円錐状のもの、"はり"の上に炭もぐさをつけたもの、お腹を温めるものなど、様々に使い分けていきます。

適応疾患

 当院は東洋医学専門のはり灸治療院です。

 はり灸は、東洋医学特有の陰陽虚実論という考えに基づいて、あなたのお身体を診断し、治療いたします。西洋医学とは違った視点で診るので、病院等で治りが悪い、原因が分からないなどの症状にも対応することができます。

 また、以下にあげる疾患は、WHO(世界保健機構)で鍼灸治療の有効性が認められています。

WHO(世界保健機構)で有効性が認められている疾患

◉運動器系疾患

肩こり・五十肩・腰痛・膝痛・神経痛・捻挫・スポーツ障害腰痛症・椎間板ヘルニア・腱鞘炎・ムチウチ症・寝ちがえ・テニス肘・野球肘など

◉婦人科系疾患

更年期障害・生理痛・不妊症・子宮内膜症・子宮筋腫・冷え性・生理不順・月経困難・月経過多など

◉神経科系疾患

顔面神経麻痺・三叉神経痛・坐骨神経痛・脳卒中後遺症・慢性頭痛・半身不随・助間神経痛・神経炎など

◉アレルギー性疾患

鼻炎・ぜんそく・アトピー性皮膚炎など

◉内科疾患

糖尿病・高血圧症・肝炎など

◉消化器系疾患

慢性胃炎・胃、十二指腸潰瘍・食欲不振・便秘・大腸炎・口内炎・消化不良など

◉耳鼻咽喉科系疾患

耳鳴り・メニエール症候群・突発性難聴・中耳炎・蓄膿症・花粉症・咽痛・扁桃腺炎など

◉泌尿器科系疾患

前立腺肥大・腎炎・頻尿多尿・尿道炎・慢性膀胱炎など